手相写真の注意点

良い例

・左右両方の写真を準備してください。
・手のひら全体が写るように撮影してください。
・手相の線がはっきりとわかるように撮影してください。
・画像サイズはVGA(640×480)以上に設定をして撮影してください。
・フィーチャーフォン(ガラケー)で撮影すると画質があまり良くなく、鑑定できない場合がございます。

悪い例


・手のひら全体が写っていない  ・明るすぎて手相の線が見えない